昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん

不動産の賃貸契約を結ぶと色々な初期費用がかかってきます。その中でも敷金は原状回復義務とも係わりのある費用です。

昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん

不動産賃貸における敷金について

昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん
不動産の賃貸契約を行うと敷金や礼金、仲介手数料、保証金、前家賃や日割り家賃、保険料や鍵交換費用、その他に引越し費用などがかかって来ます。なるべくならこれらの費用は低く抑えたいもので、不動産物件の中から検索を掛けて探せばこの中のいくつかは無料のところが見つかる場合もあります。

敷金は賃貸中の賃料を担保する為に家主側に預けられるお金で一般的には家賃の2か月分前後とされているようです。もし賃貸中に家賃や管理費、共益費、光熱費などの未払いの債務が生じた場合や賃貸物件の設備機器を故意などで損壊した場合など損害賠償債務が生じた時、あるいは入居後に付加的に取り付けたものを元の状態に戻すことなくそのままにしたような原状回復義務違反があった場合には敷金からそれらの額が差し引かれ、その残金が手元に戻ってくることになっています。

この中で原状回復義務違反に関してはトラブルが生じることも少なくなく、国からはそれを防止するためのガイドラインも出てはいますが強制力は持たないものです。退去時には家主等立会いの下で部屋内部の状態をチェックされ、通常の経年変化による損耗以外に回復させる必要があると判断された場合には、見積もり額が提示されてその額が差し引かれ、後日指定の銀行口座に残額が振り込まれる場合もあります。

Copyright (C)2017昔の賃貸の大家さん、現代の大家さん.All rights reserved.